2008年12月09日

『仕事はストーリーで動かそう』川上徹也氏

先日、文達のパーティーでお会いした川上徹也さんの
ご著書仕事はストーリーで動かそう
を読みました。

どの業種であっても、この不況で生き残るには
『差別化』が重要なキーポイントです

その差別化を、ストーリーで完成させるという川上さん。

ちょうど、旅館再生の案件で「際立ったセールスポイント」が
なくどういう方向でもっていこうかと考えていた東北の老舗が。


そこで、川上さんのストーリーのエッセンスをお借りして、
いつもの私のスタイルに足してみました。


もともと、集客で一割増と見込んでいたくらい難しい案件で。

結果は、3.5割増!!!
これは、すごい。

旅館で、こういう結果がでるなら、
色んな業種の即戦力になるのでは・・と

改めて、川上さんの鋭い視点に驚かされました

パーティーでは、汗をかきながら
ご著書のPRをすまなそうに、「宣伝、苦手なんです」と川上さん。

その謙虚さと、本の中身のパワーのギャップが
とっても良かったです。
【関連する記事】
posted by 山本葉子 at 14:35| Comment(0) | 最強ビジネス書!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。